事業概要

ISOマネジメント

ISO(品質・環境)・エコアクション

中小企業に対し品質・環境のISO認証取得コーディネート、また認証取得企業に対して「儲かるISO・・・有効性評価」、および「内部監査」のお手伝いをさせて頂いています。
費用は安く!取得は早く!支援は丁寧に!を心掛けています。

1. 認証取得コーディネート

21年度までにテスノが支援を実施して認証取得した企業は品質(ISO9001)が約35社、環境(ISO14001)が約15社取得しています。
準備から取得まで早い企業では6ヶ月、遅くとも1年間以内に取得されています。
経費は公共機関よりかなり安く出来ます。

2. 認証取得企業にたいして

a)有効性評価

有効性評価を主に“儲かるISO”を心掛けて支援させて頂いています。
特に次のような観点から実施しています。

・経営者の意思が全従業員に周知徹底されているか
・目標管理は機能を果たし、改善の方向で推移しているか
・現場の継続的な改善は進んでいるか
・人材の教育は予定通り実施されているか
・管理・監督者は現場をマネジメントしているか。
・以上のことを“目で見る管理”を駆使して、最少経費、最大効果の上げ方ノーハウ・・等。

b)内部監査

内部監査が機能していない、または内部監査で苦労している企業に実際に内部監査を実地指導し、 有効性評価の内部監査を実施する。また内部監査員の教育にもなる。

3. エコアクション21

(環境省が取り組んでいるISO14001を簡素化した、中小企業向けの環境マネジメントシステム)

エコアクション21と環境ISOの違い

1. エコアクション21は、審査の中で指導(コンサルティング)を行うよう規定されています。
   一方、環境ISOは審査の中でコンサルティングを行うことは禁じられています。
2. エコアクション21の方が全体的に費用は安くなります(目安で期間も費用も約1/2以下で済みます)。
   *エコアクション21では、次の取組みを行う事を規定されています。

1)二酸化炭素(CO2)の排出削減
2)廃棄物排出削減
3)排水量(又は水使用量)削減
4)グリーン購入
5)事業者の本業の取組みに関すること
6)化学物質削減(化学物質を使用する事業者のみ)
7)環境活動レポートの作成(公表されます)